FC2ブログ
Ragnarok Onlineと日常のまったりとした日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新緑の匂い
2006年05月25日 (木) | 編集 |
('-'*)オハヨ♪
昨日はいいお天気だったよね~
やっぱ晴れはいいなヾ(*'∇'*)ノ

昨日鎌倉宮の瑞泉寺に仕事でチポット行ってきました
もう緑が鮮やかデシタ
階段を登っている時に『うわぁ~空気が違う』って感じたの
新緑の匂いというか・・ひんやりとした澄んだ匂いだったわ
流石観光名所!
200605251405000.jpg

200605251407000.jpg

200605251408000.jpg

瑞泉寺の由来とかは、長くなるので興味のある方のみ
続きをクリックしてください

大人の貴方の為に(誰だ)時々観光名所を載せようかなヽ('-^*)
瑞泉寺は鎌倉時代末期の嘉暦2年(1327年)に鎌倉幕府の重臣であった二階堂道蘊(どううん)が夢窓疎石を開山として創建した寺で当初は瑞泉院と号し、鎌倉時代には鎌倉中の禅寺の住職や僧侶が集まり、五山文学の拠点として栄えました。夢窓疎石は建長寺、円覚寺の住持も努めています。

夢窓疎石には足利尊氏も帰依しており、足利尊氏の四男で、初代鎌倉公方の足利基氏も夢窓疎石に帰依して当寺を中興し、寺号を瑞泉寺と改めたそうです。足利基氏がここに葬られてから関東公方家の菩提寺となり、鎌倉公方足利氏4代の墓の五輪塔があります。

また鎌倉五山に次ぐ十刹(じっさつ)に名を連ね、一般には十刹の筆頭と言われます。鎌倉33観音第6番。鎌倉24地蔵第7番とか

瑞泉寺は、文学や学問とゆかりの深い寺で、かつて五山文学の拠点だった他に、近世には徳川光圀がここで『新編鎌倉志』の編纂をさせたと言います。また境内には、高浜虚子、久保田万太郎、吉野秀雄、大宅壮一、吉田松陰などの碑があります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こういう観光名所を見ると、ついふらーっと行きたくなるね~
あぁ、自然と戯れたい・・・・・
2006/05/26(Fri) 07:39 | URL  | 紫門 #-[ 編集]
おぉぉ。良いですね~。
関西以外の観光名所ってあんまり行った事ないから
行ってみたいですね。
梅雨時の雨の中を行くのも風情が合っていいかも?
でも、ちと遠い… ○rz
2006/05/26(Fri) 07:53 | URL  | 夕風 #-[ 編集]
新緑の季節の風情はたまらないものがあるよねぇ。

落ち着くと言うか。

ん~。また熱田神宮でも行きたくなったなぁ。
2006/05/26(Fri) 19:01 | URL  | 桃十郎 #-[ 編集]
いいよね~
新緑の色合いって和めるしね
やっぱ日本の四季は最高ヾ(*'∇'*)ノ
2006/05/26(Fri) 19:29 | URL  | 未梨 #-[ 編集]
たまにはこんなところを散歩したいですねー
でも,土日に行くとコンデソウダナー
もし行ったら穴場を教えてもらおうw
2006/05/27(Sat) 11:41 | URL  | reyya #-[ 編集]
Reyyaサン
任せてヾ(*'∇'*)ノ
これから夏に向けて混雑凄いよ
覚悟が出来たら穴場教えてあげる
2006/05/29(Mon) 11:38 | URL  | 未梨 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。